top of page
kick3.jpg

私塾・揚心館

毎日が楽しい、常に目的やチャレンジができる生活環境がありたいと思いませんか。そのためには、いやなこと、困難なことを楽しめる力を身につける必要性があります。揚心館は、武道格闘技を通じて、個々が社会活動で必要な資質を身につけることを目指しています。

 

武道格闘技は競技である前に、人づくりの場であり、自己形成の場であるべきです。揚心館は、社会教育として、学校や職場では味わえない自己啓発、何か未来に向けた準備や考え方を学べる場でありたいと思います。かつて、私塾や藩校、寺子屋などと言われる古い学校がありましたが、未来志向の文武両道を目指せる場として、「私塾・揚心館」として活動しております。

揚心館・館長 工藤正一​

揚心館館長(空手道七段・師範免許授与)。空手道をはじめ、和弓、剣道、柔道、合気道、居合道、古武道などを学び、複数の有段資格を有する。*松濤館流実戦カラテ「野崎会館」本部師範、多摩支部長、新空手連盟加盟道場責任者、キックボクシング野崎ジム会長を経て、揚心館を設立。また、治政館の旧道場時代から長江国政先生のところへ通い、多くの指導を受け、長江国政先生に師事し、MA日本キックボクシング連盟、日本キックボクシング協会、新日本キックボクシング協会の加盟ジムとして活動。

都立永山高、中央大学卒。学生時代、高校受験向けの塾講師、家庭教師を経験。学校教師を目指し、中学校、高校の教諭免許(4教科)授与。これらの知識と経験を社会教育である道場で活かしている。

 

大学生時代、企業勤務のOBとの交流を通して、人に物事を語るには自分をより磨きながら成長する必要性を感じて、企業就職を選択。日本の最先端技術メーカーに就職後、頭角を現し、アメリカ、カナダ、スウェーデン、ドイツに本社があるグローバル・ビジネスを展開する外資系企業を転々とした。主に、アジアパシフィック(日本市場を含む)市場の立ち上げ、新規製品の立ち上げ、その両方を行ってきた。海外上場企業の上級管理職、アジアパシフィック統括責任者(本社取締役)、日本法人の代表取締役といった重要なポジションを歴任。その後、半導体関連やITに関する事業で起業し、並行して、別企業の外部役員、相談役を行う。エンジニアとして、日本およびアメリカ合衆国の特許庁から技術特許承認。

​語学:英語、タイ語、中国語

*松濤館岡野派の流れを組む自顕会は、松濤館空手を指導しながら、空手の実戦性を重視し、極真会館や士道館の試合参戦、昭和のプロキックボクシング全盛期時代に相模ジムという名前で、日本チャンピオンや日本ランカーを輩出。自顕会首席師範、相模ジムのプロキックボクシング日本ランカーであった野崎誠先生が野崎会館として独立し、工藤は、その高弟として、空手道師範、キックボクシング会長としてのチャンスを獲得した

top1.jpg
形ポーズ.jpg

揚心館の新格闘術

空手打撃技術をベースに、古武道や合気柔術の体術をとりいれ、「伝統武術」と「現代武術」を融合したユニークな格闘技術を確立させています。最強の打撃技術の専業を目指し、空手技術をベースに、日本拳法、ボクシング、キックボクシング、ムエタイの格闘技を取り入れ、日々革新するのが「揚心館新格闘技」です。

 

かつて「拳聖」といわれて沖縄唐手・糸洲安恒(いとす・やすつね)師範は、空手家の条件として、

「①沖縄の伝統空手を幾十年、苦鍛猛練し、その神髄を極めたもの」

「②空手に関する棒術、サイ術、ヌンチャク術、トンファ術の妙技を開技しえるもの」

「③中国拳法その他の武道について、相当の見識を有するもの」と定義しています。

揚心館は、その教えに基づき、さまざまな武道や格闘技の見識を深め、多くの技を蓄積した道場です。

2023-yoshinkan-rakuseisiki-karate1.jpg

​尾崎昌弘

空手道​・師範

各道場

​国際松濤館・全空連

実戦空手「松濤館」

星先生こちらの掲載希望50689.jpg

​星ひかる

空手道・指導員

​中野道場・聖蹟桜ヶ丘道道場

全空連・空手協会「松濤館」

新潟国体強化指定選手

​東日本実業団空手道選手

小泉先生IMG_0191.jpeg

小泉 瑠寧

空手道・指導員

​本部一般コース・選手コース

全空連・空手協会「松濤館」

小学校2年生で黒帯を取得し、国内および国際大会で数多くの優勝実績を持ち、空手道の指導歴7年以上の経験あり。​

吉澤先IMG_7853.jpeg

吉澤 皐

空手道・指導員

​本部一般コース・選手コース

​全空連・空手協会「松濤館」

小学5年生で黒帯を取得。高校時代は空手道部の主将を務め、多くの試合で優勝経験あり。英語での指導も可能です。​

松平先生S__6135912.jpg

松平 翔

​空手道・指導員

​町田道場

​フルコンタクト空手

極極真会館出身のフルコンタクト空手家で、20年以上のキャリアを誇る。空手道の修行を小学校から始め、格闘技における技術と精神的な強さを磨いてきました。空手道を通じて得たスキルと精神力を活かし、指導にあたります。

honbu-2023-2.jpg

​TBH

小畑先生IMG_6249.JPG

Kei

ヨガ・インスタクター

学生時代にバスケットボールをしていた頃、椎間板ヘルニアを発症し、仕事の忙しさから椎間板ヘルニアを再発症。ヨガを学び、体の不調が改善し、心の平穏さを取り戻すことができました。

その後、海外駐在や子育てでヨガから離れる期間もありましたが、産後に体調や心のバランスが崩れた際、再びヨガに戻り、ヨガを実践することで、体と心が元気になり、その効果に驚きました。これらの経験から、私はヨガの素晴らしさを他の人々と共有したいという願望が芽生え、ヨガの資格をとり、指導に当たっています。
 

能仁先生image_6483441.JPG

​HARU

​ヨガ・インストラクター

DSCF4152.JPG

​山下一馬

​キックボクシング・副会長

​揚心館ジム・プロ選手

揚心館入門後、練習を積み重ねムエタイでの国際線とプロの試合で実力を証明し、その後消防士としての道を選び、現在はその職務を全うしています。揚心館の文武両道の実践者として、公務員とキックボクシングの両面で活躍しています。​

DSCF4160.JPG

​古谷佑太郎

​キックボクシング・コーチ

​揚心館ジム・元プロランカー

​揚心館入門後、練習を積み重ね国内と国際で多くの勝利やKOを築き、プロのランカーして活躍。同時に、館長の企業でのインターンシップを経て、日本の上場企業でのキャリアを築き、現在は外資系企業で活躍中。揚心館の文武両道の実践者として、精神とビジネスの両面で成功を収めています。

豊崎先生LINE_P2023104_154329.jpg

​SHO

ボクシングコーチ

キックボクシングコーチ

プロボクサーの父の影響を受け、ボクシングを始め、角海老宝石ボクシングジムで本格的なボクシングを学びました。他のジムでボクシングとキックボクシングのコーチ経験も豊富で、現在、揚心館で指導。多彩な経験を持つボクシングとキックボクシングの指導者として活躍中です。

川田先生54968.jpg

川田 直孝

​ムエタイ・コーチ

​国内の有名なムエタイジムでの熟練したムエタイの学び舎で鍛え、10戦以上のムエタイ試合の戦歴を持つ実力者です。また、本場での修行経験もあり、高度な技術と経験を備えたムエタイのプラクティショナーです。

外村先生160933.jpg

外村 元

​ボクシング、K1

キックボクシング・コーチ

高校時代から自衛隊時代までボクシングを学び、自衛隊では自衛隊徒手格闘技も習得。東京でキックボクシングやK1ジムでのトレーニングを積み、同時にキックボクシングジムでトレーナーとして、フィットネスジムでボクシングのインストラクターとしても指導経験があります。

阿部先生IMG_9331.JPG

阿部 裕文

​総合格闘技・柔術

キックボクシング・コーチ

​1by1(プライベートレッスン)

スーパータイガージム(佐山聡氏・シューティングジム設立時の生徒)で総合格闘技を学び、パワーオブドリームで数多くのアマチュア大会に出場。また、リバーサルジムでは格闘技団体 ZST に参加し、ZST ジェネシストーナメント フェザー級で準優勝の実績があります。

honbu-2023-1.jpg

​TBH

honbu-shiai.jpg

​TBH

bottom of page