失敗を恐れるな!でも、良い失敗と悪い失敗

最終更新: 3月7日

若いときは一杯チャレンジをして失敗を、社会人は失敗の質を考えられるように!!!


失敗を繰り返す人の法則

正しい自己判断ができないのに、「失敗はいっぱいしても、反省をして、次に生かす」と座座右の銘にする人がいます。そういうことを言う人に限って、人の話やアドバイスを聞かない人が多いです。チャレンジをして一杯失敗をするけど、アドバイスをしてもらえる第3者の目は大切にすべきです。

失敗の意味を考えられるような環境づくり

 潜在的に、自分の成功か、失敗というものを考えた場合、人生の先輩の教訓、手本や成功を得る環境づくりは必要です。人とのコミュニケーションが苦手な人は、本や映画、テレビなどから、質の良い情報を得ることです。実際、組織や先生や先輩など、人から伝わる情報はより良い情報をえることをお勧めします。言葉のキャッチボールができるからです。そして、自分より優れている人の近くで学ぶことです。

失敗から成功へ

若いときは、失敗が許されます。しかし、社会人になれば、生活がかかってきます。「なんとかなるでしょ」ではなく、確率的にどうなのかということを考えらえることを養うことが重要です。子どもたちは、一杯の失敗や知見をひろめることができる時期に、楽なことばかりはダメです。自己基準が正しい領域に入るには経験と情報、そして、まわりに的確なアドバイスする人を味方につけていることです。できる人の基準に合わせて、ベストケース、ワーストケース、落としどころなど、設定をして、前進することが必要です。この上で、失敗を多くして、反省をして、次に生かしていくべきです。

弱さや失敗は好まれない

失敗や自分の弱さを表現することは、相手の信頼や共感を得られると思っている人が多いです。しかし、親しい人でも、ネガティブな話しって、好まれないです。むしろ、距離を置かれることを知るか、気づいていない人は多いです。つまり、ネガティブなことは、話す相手を選ぶこと、言葉の運び方をよく考えることは必要です。

8回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING