野崎会館・野崎誠館長の得意技


野崎会館・野崎誠館長の特技は、揚心館の実戦空手ベース

 流派や伝統を重んじる武道を学ぶのであれば、師匠の教えの理解と実践ができることです。それができて、自分の得意技へと発展させていくべきだと考えます。揚心館・館長が師匠の技術を継承したものとして、その紹介と説明をします。  ところで、最近の入門者は、本やYouTubeなどで技のオリジナル化、自己満足で終わる人をみかけます。揚心館では、いろいろな本やYouTubeを紹介させていただいておりますが、技の理論や組み立てをもっており、そこで参考になるものを紹介させていただいております。そして、意図を読み取ることと、興味がある技などをピックアップしてオリジナルで終わるのでは全く違うことを理解してほしいです。前者であれば、明確な技術のステップが踏めます。後者であれば、エゴで終わり、薄っぺらい技しか身に付きません。そして、玄人の格闘家や空手家と拳を交えたときに、全く自分の技が通じないことを身に染みるはずです。師を持ち、自分を成長させる基本だということを認識すべきです。

 揚心館・館長の師である野崎誠館長は、明星大学キックボクシング部創立者であり、野崎会館創立者です。キックボクシングの黄金時代のときにプロのランカーとして、リングにあがっていた技師でした。その技術を受け継ぐものとして、紹介します。

野崎誠・館長の得意技

右パンチへのこだわり

  • 右の手を立てて、打ち込む

  • 日本拳法の波動突きに似ている(日本拳法出身のキックボクシングの先生に師事していたときに改めて技の重要性を知る)


前蹴り

  • 体を動かさないでしっかり上足底(じょうそくてい)で蹴り込むオーソドックな空手の前蹴り

  • 腸に対する前蹴り(腸蹴り)

  • 内腹斜筋(ないふくしゃきん:腹部筋肉のうち腹壁外側部を走る側腹筋)への三日月前蹴り


内側ローキック

  • ハムストリング(人間の下肢後面を作る筋肉)へスナップでもなく、蹴り込みわけでもなく、三日月蹴り系ローキック(結構難しいが、これで相手を倒す)。

  • コンビネーションとして、右パンチなどを有効につなげる


ハイキック

  • 膝を胸のあたりまであげて、そこから足先を回転させながらに巻き込むように蹴る


必殺技!後ろ蹴り

  • 蹴りが当たらない間合いのところから、動きがない後ろ蹴り

野崎誠・館長の思想と感謝

昔から強いだけではいけない、心の強さを説いていました。そして、新しいことへチャレンジをすることの重要性を説いていました。そのなかで、道場設立、英語に触れる機会をいただき外資系企業への転職、起業と独立といったところで悩んだとき、後押しをしてもらったこと、感謝をしています。揚心館・館長は、若いときは、強さこそ、すべてとは思っていましたが、最近はそうではないと感じています。どっしり構えて、若い人材育成や同じように後押しできるようになりたいと考えています。 揚心館・館長

  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING