前蹴り

空手道の基本中の基本「前蹴り」

空手道の伝統的な技といえば、「正拳突き」と「前蹴り」と言っても過言ではないです。三日月蹴り(三角蹴り)と言われる蹴り方も、 上足底(じょうそくてい) で蹴るのが基本です。実戦空手でも、空手の試合でノックダウンを狙える技であります。

現代空手の三日月蹴りやキックボクシングの前蹴りとは違います。

前蹴りを極めるポイント
  • 足を畳み込む練習(膝をお臍あたりまえ持ってくるスピード)

  • たたむときに上足底を作っておく(ただ足を上げる場合は金的蹴り向け)

  • しっかり膝とカカタを曲げる(90度)

  • 上半身が動かない(ここが重要)

  • スナップで蹴り(押し込まない、キックボクシングを差し込む)

前蹴りの種類
  • 通常の前蹴りは、 上足底 の蹴りです。

  • ストッピングは、上足底~カカトの間を使って相手の動きを止めます

  • 金的蹴りは、つま先で下から上にあげる蹴りです。

  • 上半身が動かない(ここが重要)

  • スナップで蹴り(押し込まない、キックボクシングを差し込む)

4回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING