空手家が思う親の役割

最終更新: 1月14日

自分の子供はかわいい、いずれは、巣立っていく。この間に、親として、社会に送るために何をやるべきかを考えてみました。

家族みんなが忙しく、流れるままが一般的なんだ

 「今の子どもたちも相変わらず、塾にいって、できるだけ良い中学、良い高校、良い大学、そして、時代に合った優良企業!何になりたい、何をしたいじゅなくて」と話をしていたら、「そんなに考えているわけじゃなんですよ。お父さん、お母さんも、日々に追われていて、思いの外、流されているんですよ」って言われました。「でも考えているでしょ」と問うと、あまり具体的な返答はなく・・・。


 私は、長渕剛主演「親子ゲーム」というドラマに感銘し、大人が伝えるものの本質はここにあるんじゅやないと思っていました。簡単に言えば、ラーメン屋、何が悪い、自分が築いてきたこと のほかは教えられない。それでいいんだっていうノリのドラマだったと記憶しております。多くのお父さん、お母さんが人生で経験してきたことや価値観が中心になってしまいますが、その子にとって、それが土台になります。なので、開き直ること、自分自身が楽しい日々が送ること、自己否定ではなく自己肯定をした日々を送ることではないでしょうか。

 欲を言えば、お父さんやお母さんは、日々、学び、体を鍛え、何かしら成長し続ける姿勢があったほうがいいです。特に、何かこれはだれにも負けないもの、趣味としてオタクといえるものがあるとよいと思います。しかし、現代の日本教育のせいでしょうか。多くのお父さんやお母さんからとの会話から、こだわりを感じないことが多いです。それはそれでよいとは思いますが、毎日、ワクワク楽しいと思えることを考えることが一番子どもの成長の中重要なことです。「ただ、そうは言ってもね!」っと言われそうですが・・・。

頑固おやじ!

 最近、スナックのマスターから元気をもらいました。マスターの1つの話題は、我が子の話がでてきます。「うちの子は、「野球、勉強する、食べる、寝る」これだけ。「他の中途半端なことをやるんだったら、私立から都立のぬるい野球部へ行け」って。「文句言うなら、やめろ!投資をやめる!自分で稼いで、生活をしてみろ」・・・。すごい!

 最近の親子喧嘩?いや、親の態度と威厳の話へとつながった。「最近、スマフォを見ながら俺の話を聞かないから、怒って、蹴ってやった!」そしたら、「なんの権利があって蹴るんだよ」って口で答えするから、さらに蹴ってやった。「権利を主張するなら、高校なんて義務教育じゃないし、投資やっているようなものだから、自分で稼いでみろ。家をでていっていいよ、自分で働いて、家賃を払って、生活すればよい」・・・・・正論すぎて。さらに、「もし、家に出て行ってさあ、時給で働く仕事をして、いくら稼げる。計算してみろ」・・・「ほぼ、この年収がずっと続く。それでいいんだったら、それでやれば」。苦労するのは本人!本物のお父さんをみたって感じでした。


「父親の役割って、社会の仕組みや正しい見方を教えてあげることじゃない!」と熱く語ってもらいました。私もそう思い、共感しました。早いうちに、このようなことを言わて育った子は、学校と職場のギャップが少なく、強く生きられると思います。権利を主張する子供たちに鉄拳を与えることができるお父さん像は良いと思います。

0回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING