キックボクシング・あしたのその11「ローキック」


ローキックは相手を倒すために有効な技です。武道ではローキックが禁止技となっていることが多く、実戦空手やキックボクシング・格闘技を学ぶと、多くの選手が使う技です。

ローキックには「効かせる技」と「ひっかけて倒す技」があります。実戦空手でも、伝統空手でも、「ひっかけて倒す技」を使う選手が多いです。ポイントへつなげることができます。一方、キックボクシングの選手としては、ひっかける技はあまり使わないです。相手をスリップダウンさせても、何もポイントにならないからです。ベースとしては、「効かせる技」を学び、「ひっかけて倒す技」も嗜み程度にできるぐらいでよいと思います。

ローキックのポイント
  • スネの真ん中を当てる方法を考える

  • スナップで蹴るのではなく、腰と膝で蹴るイメージ(スネを食い込ますという発想)

  • 膝の上げ方の工夫、体の入れ方の工夫で技が膨らむ

ローキックの練習でのポイント
  • スナップでバンバン蹴らない(効かないですし、相手を不愉快な気分にさせるだけ)

  • スネ当てをつけて、少しずつ強く蹴るようにしましょう

ローキックのコーチング特集

ローキックを蹴るタイミング

キックボクシングの最重要技!ローキックの極意を徹底解説

【ローキック】一発で大ダメージを与える蹴り方

カット出来ないローキックコンビネーション!

【極真空手】足払い(足掛け下段突き)のやり方講座#1


  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING