揚心館 CONTENTS

キックボクシング・あしたのその10「ハイキック」



 揚心館・館長の得意技といえばハイキック!しかし、揚心館では、プロの選手には、あまり進めてこなかった技です。理由は、体が硬い選手が多かったこと、足が顔に届くまでのスピードが遅いことから、ほとんどの選手に試合には「ハイキック」を使うことを封印しました。ハイキックよりも、確実にテクニカルポイントやダメージを与えることができ、数とスピードで対応するなら、パンチ、ロー、ミドル、肘、膝と地味な技にこだわっています。そのような考え方から、ハイキックをたまに使うことがあってもよいかなと思う程度です。

 武道系は顎やこめかみを狙うスナップによる蹴り、格闘技系は顎・こめかみ・首・延髄あたりに巻き込むような蹴りをします。最近は、どちらも使う人がいるので、武道系と格闘技系の違いはあるようなないような・・・

ハイキック修得のコツ
  • とにか高いものを蹴って、柔軟力をつけましょう

  • フォームとして、円を描くようなイメージ(動画で確認)

  • フォームとして、インパクトのポイントを意識しましょう

ハイキックの練習のコツ・フォームを確認

誰でも『いきなりハイキックが蹴れるコツ』を紹介!キックボクシングのハイじゃん

[一撃必殺]ハイキック


松井章圭のハイキック上達稽古法


31回の閲覧

お問い合わせ

聖ヶ丘、聖蹟桜ヶ丘、鶴牧・唐木田、永山、貝取に道場がございます。

体験レッスンや空手・キックボクシングにご興味がある方は、揚心館までお気軽にお問い合わせください。

揚心館 本部

TEL:042-371-1171

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING