やる気スイッチ

最終更新: 3月8日

スパルタの結果、やる気スイッチを入れる方法はあるけど、やっぱり、本人が自覚してスイッチを入れるべきこと。スイッチを入れたら「押忍」精神で頑張れ!


スパルタによってスイッチを入れる方法は、やる気を加速させるには一番簡単な方法です。この方法は、短期で人を育ているやり方ですが、どうしても、その指導方法が合わない子が多いことも知っておくべきことだと思います。無論、スパルタで自分が変われる人もいます。

 大きな問題は、本当の試練があったときに、強制でやってきた人は、自分で納得して物事をやってきた人より、弱い人が多いと感じます。それは、自主的なところでスタートしたわけではなく、外部的な支配によって得たスイッチは、外部的なスイッチがないと一定以上の無理はできないようです。

 そこで、やる気スイッチの入れる環境って重要だと感じています。楽しい場をつくり、ライバルが現れる環境づくり、うまくなっていくなかで欲がでてくる、先生や先輩のようになりたい、自分自身強くなりたいとなんとなく思えてきた・・・これです。ただ、常に、楽しい環境であることは難しいですし、本当にライバルと思える人と出会えるかは、運もあります。運をつかむためには、意識を持ちながら物事を継続することです。

「やる気スイッチ」検証方法は、素直と感謝の気持ち

 やる気スイッチを入ると、物事を吸収しようと素直な気持ちになるものです。そして、無論、感謝の気持ちをもてるものです。「でも」「しかし」など言っているうちは、物事を吸収できないんです。できない理由はいりません。自主的な行動です。

13回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING