腹筋を鍛えよう!

最終更新: 3月7日

腹筋は体のコアの一部を形成します。毎日、継続は力なりになるトレーニングです。

空手やキックボクシングで使用する動きには、技を出す力強さと安定性が向上します。また、負傷のリスクが少なくなります。 他のアクティビティも役立ちます。腹筋とコアの筋肉に焦点を当てた定期的なエクササイズは、女性のスリムな体づくり、子供の強い体づくりに効果があるため、お勧めします。

もう少し深く考えましょう。第一に、現代のライフスタイルで必要な動きです。オフィスワーカーでさえ、おそらく階段を上り下りし、物を拾い上げて動き回らなければなりません。しかし、毎日、腹部またはコアの筋肉を動かす必要性ははるかに少なくなります。


第二に、武道格闘技では、あなたのコアの強さは安定性とバランスに大きな役割を果たし、あなたのパンチやキックのような打撃の力を強くなります。ほぼすべての武道格闘技は、地面から力をパンチに集中させます。強力なパンチは、脚からのプッシュで始まり、力が身体、肩、腕を通って拳に移動します。腹筋コアが弱い場合、パンチは脚が生成したパワーの一部を失います。胴体の筋肉がパンチの力にどのように影響するかを示す典型的な例です。

第三に、直筋と横腹筋が臓器を損傷から保護します。これは明らかに武道家にとって有用です。

第四に、多くの武道格闘技が背中の筋肉を鍛えて強力なパンチを開発します。これは良いことですが、腹部の筋肉は背中の反対側の筋肉です。大きなアンバランスがある場合、武道家格闘家は背中の痛みを経験し、後の人生で台無しになる可能性があります。同様に、前部の筋肉が後部よりもはるかに強い場合、同じ問題が発生します。

最後に、格闘技にとってそれほど重要ではないのですが、腹部の筋肉を鍛えると、格好良く見えるかもしれません。


  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING