慢性疲労を低減する秘訣!

最終更新: 4月4日


慢性疲労は、「慢性疲労症候群(CFS)」と言われ、人生全体に影響を与える衰弱状態です。医学的には、慢性疲労症候群(CFS)に対する食事の影響に関する主要な研究はありませんでした。運動と健康でバランスの取れた食事を確実に摂ることで改善をされます。また、空手道やキックボクシングを通して、呼吸法により、心のリズムを整えることも慢性疲労を軽減させることにつながります。ここでは、食事にフォーキャストしたいと思います。

自覚を持つところから

「慢性疲労症候群(CFS)」だからこそ、暴飲暴食によるストレス解消をとってしまう人は多いです。CFSには標準的な食事がありませんが、何が一番気分がいいかを見つけるために食事を試してみる価値があります。毎晩夕食に野菜を追加するなど、小さな変更を加えることをお勧めします。変化があなたの症状を改善したかどうかを決定する前に、一ヶ月それを固執してください。また、ゆっくりと導入すると、長期的にはより健康的な習慣に固執する可能性が高くなります。


炎症性食品を捨てる

炎症は健康に忍び寄り、時には腫れぼったい顔の原因にもなり不快なものです。体重増加、ストレス、遺伝的症状、例えば、湿疹やクローン病によって引き起こされることが多いけれど、慢性炎症は長期間持続し、心血管疾患、2型糖尿病、慢性関節リウマチ、炎症性便疾患を引き起こします。これは食べ物で実際に改善できる問題の一つであること。ある種の食品には、炎症と直接闘う成分が含まれている。過剰な食事制限は必要なく、食習慣をちょっと変えることです。砂糖、揚げ物、加工肉、カップ麺などの炎症性食品を制限し、加工せず生で食べられるものに近いものが良いです。

水分補給

より多くの水を飲むことは慢性疲労の治療法ではありませんが、重要です。脱水は疲労を悪化させることが知られています。水分補給は健康を改善または維持するために重要です。

食事日記と体重の記録をとる

症状を改善または悪化させる食品を発見するのに最適な方法です。毎日の習慣、何を食べたか、体重の変化を追跡して、意識することで改善ができます。

カフェイン摂取を制限する

カフェインはエネルギーを改善する素晴らしい方法のように思えますが、エネルギーの誤った感覚を与える可能性があります。自分自身を過度に行使しないように注意し、摂取量が睡眠に影響を与えないようにしてください。

食事の頻度を多くし、1回の量を減らす

慢性疲労のある人の多くは、疲れすぎて食べられないか、空腹を感じないことがよくあります。また、1回の暴飲暴食により、体重が増えてしまう人もいます。小さな食事をより頻繁に試すか、各食事の間に小さなスナックを追加することをお勧めします。より頻繁に食べると、エネルギーを維持するのに役立ちます。小さい部分も許容しやすいかもしれません。これは、お勧めです!!!

砂糖は避けること!!!

砂糖は一時的にエネルギーを増やすこともできますが、その後のクラッシュは疲れを悪化させる可能性があります。洗練された砂糖を含む食品に手を伸ばす代わりに、血糖値とエネルギーレベルを均一にするのに役立つタンパク質を少し含んだ自然に甘い食べ物を食べることを提案します。プレーンで無糖のヨーグルトを使ったベリーは素晴らしい選択肢です。

いろいろな野菜をすべて食べる

でんぷん質のない野菜でいっぱい、食べること。ユニークな栄養素と利点を得るために、一日中すべての色の野菜を含めるようにしてください。たとえば、赤野菜には、抗酸化物質として作用し、炎症を軽減する植物栄養素が豊富に含まれています。黄色の野菜には、重要なビタミンと、ビタミンA、C、B6などのミネラルが含まれています。


  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING