キックボクシング・あしたのその9「ミドルキック」

最終更新: 4月18日



揚心館のミドルキックは、武道系のミドルキック(三日月蹴り)が主流ですが、格闘技系のミドルウエアを蹴れるようにすることを推奨しています。武道系のミドルウエアは、格闘技系のミドルウエアと比べて、体の動きが自然ではない(=体を動かないところから蹴るとか)、スナップで蹴るため、間合いと狙うポイントが重要になります。こちらは、スポーツ科学的に自然な動きではないため、筋肉疲労が部分的に集中しやすく、数をこなしていくと、威力が落ちます。一方、格闘技系は、走るときと同じで、手足を振るような感覚で、左右の手を振り、蹴り足が自然に連動しやすく動くことで、体のリズムを保て、技の強弱にもつながり、安定した蹴りを出しやすいです。

ミドルキックのポイント
  • 走る感覚で手足をふるような動きをミドルキックに変える感覚

  • 軸足にしっかりと体重移動をすること

  • 膝をあげること

  • 蹴るポイントを意識

  • どこまで脱力をして、しなる蹴りにできるか

  • 意識をして、数を蹴る習慣をつけること

ミドルキックの感覚をつかむための説明

蹴り連打をマスターする方法!【分析シリーズ】

ミドルキックを速く蹴るコツを解説!

ミドルキックは腰を入れるな!! 95%以上の人が知らない"

本当のミドルキック"の蹴り方とは?


  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING