ダイエット方法・お水

最終更新: 2019年8月15日

水分補給は、ダイエットだけではなく、健康維持の最大の秘訣です。何かをしたからではなく、豆に水分補給をしましょう。


水の役割の確認、そして、ダイエット

体重の約60パーセントを占めています。体のあらゆる細胞組織そして器官はきちんと働くために水を必要とします。例えば、


・  毎日、息、汗、尿、腸の動きで水分を失います。

・ 排尿、発汗、腸の動きを通して排泄物を取り除きます

・ 体温を正常に保ちます

・ 潤滑剤とクッションジョイント敏感な組織を守る

水を飲んで代謝が上がると自然と体温も上昇し、脂肪燃焼にも良い影響を与えてくれます。体温が1℃上昇するだけで、代謝が約12%上昇すると言われているからです。運動をせずとも脂肪燃焼率が上がります。冷房や冷たい飲み物などで自分から体を冷やさないように気を付けることも大事です。

そのためダイエット目的であれば、水は常温以上の温度で飲むことをおすすめします

どれぐらいの水分をとるべき?計算式

どれぐらいの水分をとったほうが良いのか。以下のURLを叩いて、自分の体重を入れると必要な水分量を出してもらえる。運動するか、食事をするかではなく、豆に1日に水分補給をすれば、代謝が期待でき、ダイエットにもつながります。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228737


そんなに飲めないよ

計算式にいれてみると、1日、1リットルのペットボトルを2本や3本は飲まないといけないということにんります。そんなに飲めない、つらいという人がいます。コップを準備をして、こまめにコップにいれて飲むようにすれば飲めるようになります。

体が水分を欲しがってないのに、一気に多量の水を飲みすぎると良くないです。理由は、体のミネラルバランスが崩れるからです(水中毒)。そして、体を温めるなどをして、適量を小分けして飲むことが良いと思います。

  • White Facebook Icon
  • Spotifyは社会のアイコン

1988-2020  @ YOSHIN-KAN KARATE&KICKBOXING